陰陽コンサルタント 高澄 -TAKASUMI-

家伝によれば大宝二年(702年)から続く陰陽師の家系で藤原氏の菩提寺の僧を勤める家柄に生まれる。そんな家系のもと陰陽コンサルタントとして活動。

八坂神社(祇園)- 美容運・力運にご利益があるパワースポット

今月の掲載です。

 

p-dress.jp

黄色のパワー

archives.mag2.com

今回は「黄色」について陰陽視点でご紹介したいと思います。

黄色」は中国では古くから最もパワーのある色とされています。

この由来は「黄帝」から来ているともいわれてます。

黄帝」とは今から約4500年前の王様、五帝の筆頭で、

弓矢を発明するなど中国の人文の祖とも言われている人物です。

また100歳以上生きたとの逸話も残っています。

黄帝の正式な名前は姫軒轅で、最も権力のある「帝」に「黄」を付けたと言われています。

また「黄色」は「五行説」では中心を表します。

昔は、色の表現は「白」「黒」「」「」の4色しかありませんでした。

」とは今の「」に相当し、「真っ青」も「アオ」と表現していました。

緑色の芽を「青葉」と表現したり、「青信号」は実際には「緑」であったりと、

その名残は今でもあります。茶色は「アカ」と表現する年配の方もいますね。

 

その中でも「真黄色」だけは特別で権力者しか使うことが出来ませんでした。

黄色に近い赤「オレンジ」は「」、黄色に近い青「黄緑」は「」となり、

昔の権力者が所有していた色、それが「黄色」なのです。

 

みなさまも黄色を持つとお力がいただけるようになるかもしれませんね。

 

 

黄色い自転車

先日3歳の双子の娘に自転車を買いにいきました。

色は赤・青・黄・緑・ピンクとあり、娘はピンクとオレンジが好きなので「ピンク」がいいのかなぁーと思っていました。

そして「何色がいい?」と聞くと…

2人とも「あお!!」

え?「あお??

」予想外でした。

「前は赤って言っていたのに~ 後から他の色がいいと言っても変えられないよ」と

ママが諭しても「青」を変えません。

理由を聞くと「パパと一緒に買いにいくから青!」

なんと買いに行く人によって色を変えるというのです。

ママと下見に行ったときは「赤」だったらしく、後から後悔するんじゃないかなぁーと思って「赤」や「ピンク」をすすめたのですが、ガンとして変えません。

確かに女の子だから赤。男の子だから青というのはあまり好きではありませんが、あとから、男の子みたいと後悔させるのも困ります。

 

「黄色」は??と聞くと

2人とも「黄色がいい」と変えてきました。

それから、青も嫌。赤も嫌。黄色!!と言ってきました。

黄色なら男女関係なくいいかと…

よく考えると黄色は一番目立つ色なので、事故のリスクは少し減るかもしれません。

赤やピンクでなく結果として良かったと思います。

さらに黄色にまつわる陰陽の逸話もいくつかあります。そのお話はまた今度。

 

f:id:lpft-taka:20170921122315j:plain

メルマガ発行

明日19日19時から無料のメルマガ発行します。

登録よろしくお願いいたします。

 

www.mag2.com

大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

8月3日に掲載された記事です。

 

p-dress.jp

 

・・内外(ないげ)清浄とは?

内外(ないげ)清浄とは?

 

「天地一切清浄祓(てんちいっさいしょうじょうばらい)」にはこう書かれています。

 

天清浄とは 天の七曜九曜 二十八宿を清め

地清浄とは 地の神 三十六神を 清め

内外清浄とは 家内三寳大荒神を 清め

六根清浄とは 其の身 其の體(体)のけがれを

はらいたまえ 清めたまう事の由を……

 

内外清浄とは、家内三寳大荒神を清めることです。

…とっても難しいですよね。家内三寳大荒神という神さまはどんな神さまなのか…

簡単にいうと「家内」つまり「コミュニティー」の神さまです。

 

天とは「天体・宇宙の理(ことわり)」

地とは「地上にある植物・動物・山・川・海などの自然」

内外とは「人のコミュニティー」

六根とは「自身の五感+心」

 

つまり、コミュニティーを陰陽視点から払い清めることです。

具体的には「人間関係がうまくいかない」「恋愛成就」「悪い縁を切りたい」などの相談を受けることが多いですが、注意しなくてはいけないのは相談者が他力本願ではいけません。

 

内外清浄を行うには六根清浄も大事になってきますので、内外清浄の専門家は、六根清浄も専門に行い、天清浄・地清浄のことも理解しなくてはいけません。

 

六根清浄は「喜びを持つこと」。感謝の気持ちを常日頃もつことです。

偶然はなくすべてが必然であり、生かされている喜びをもつことです。

とは言え、難しいとは思います。個々の相談を受けておりますのでお問合せください。

 

また内外清浄を気軽に感じてもらうために文化サロンも主宰しております。

みなさんの喜びがいい気を産みます。これが陰陽の真理です。

 

f:id:lpft-taka:20170915162153j:plain

 

「風水」とは違うのですか?

と聞かれることが多くありますが、風水は陰陽のひとつだと考えております。

「風水で開運を…」というのは「天清浄」の「二十八宿を清める」ことです。

二十八宿とは4つの方角・事象をそれぞれ7ずつに分ける考えです。(4×7=28)

元々は天体の星の位置に由来しています。(北斗七星、南斗六星など)

方角や過去の事象を元にしており、専門家の先生もたくさんいらっしゃいます。風水は陰陽の一部ですので、私自身出来なくはありませんが、専門家がたくさんいらっしゃるので、基本的には専門家の先生に相談される方がよいと思います。ただし、悪徳な風水師もいますのでご注意ください。

 

**************************** 

セミナー情報や相談、お問い合わせは

conso.taka@gmail.com

まで

****************************